柘植久慶の文章から

『歴史を動かした「独裁者」 「強大な権力」はいかに生まれ、いかに崩壊したか』より

 

 アントニウスはオクタウィウスの姉ーーオクタウィアを妻にしていたが、その離婚によって亀裂が決定的なものとなった。すなわちアントニウスがエジプト女王クレオパトラに籠絡され、妻と同時にローマを捨てたからであった。

 紀元前三一年のアクティウムの海戦は、両国の艦隊が互角に戦っていたものの、途中でクレオパトラの軍船が戦場を離脱、続いてアントニウスも彼女を追ったため、エジプト艦隊が総崩れになったのである。

 

 

柘植久慶『歴史を動かした「独裁者」 「強大な権力」はいかに生まれ、いかに崩壊したか』(PHP研究所、2003年)40ページ。